睡眠サプリを飲むタイミングは〇〇!快眠を遠ざけるNG行動は?

眠れない、途中で目が覚める、朝スッキリ起きられないといった「睡眠の悩み」をサポートする睡眠サプリ。

市販もされているので、眠りの悩みを持つ人にとっては手軽で心強いアイテムです。

せっかく悩みをサポートするために飲むのだから、よりベストなタイミングで飲みたいですよね。

いつ飲めばより変化を感じられるか?逆に避けたいタイミングや快眠を遠ざけてしまうNG行動も調べてみました。

睡眠サプリを飲むベストタイミングは「就寝前」

病院で処方されるような睡眠薬や導眠剤は、厳密に服用時間が決まっています。(布団に完全に入ってから、など)

睡眠サプリはそこまで厳密ではありません。自分が寝る約1~2時間前に飲めば良いので、睡眠薬ほど気を遣わずに済みます。

ただ、やはりサプリを飲んでから活動的に動き回ると、交感神経が高ぶってしまってせっかくのリラックス効果も薄くなってしまうもの。

できるだけ穏やかに、落ち着いて過ごしたいものです。

  • 音楽はボリュームを小さめに、照明の光量は抑えて
  • あたたかい牛乳を飲んだり、好きなアロマを楽しむ
  • ぬるめのお風呂にゆったり入る、軽いストレッチをする

これだけでも、交感神経を抑えてゆったりリラックスを司る副交感神経を優位にさせて、脳の眠る準備を整えやすくさせてくれます。

ここに睡眠サプリも摂り入れれば、よりサプリのパワーを感じられそうです。

快眠を遠ざけるやっちゃいけない行動は「交感神経を刺激」させること

眠る時には日中活発に働いてくれた交感神経が抑えられて、代わりに副交感神経が高まります。

これから睡眠をとろうというときに、交感神経を活性化させるような行動は避けるべきです。

例として・・・

  • 大きなボリュームで音楽を聴いたりテレビを見る
  • 就寝直前までパソコンやスマホをいじる
  • 強い光の刺激(部屋の照明や、パソコン・スマホなど)
  • 強い不安やストレスを抱えたままでいる
  • 飲酒・カフェインを摂る

これらの行動は、脳を刺激して活性化させてしまうので「これから寝よう」という態勢を作りにくくさせてしまいます。

睡眠サプリの中には、緑茶由来成分テアニンや、GABA、トリプトファンなどの「リラックス効果」を高めるはたらきのある成分が多く含まれています。

先ほど挙げた行動は、脳や体を活性化させて交感神経を刺激する行動なので、リラックスとは正反対なんです。

特にPCやスマホの光の刺激(ブルーライト)は、睡眠にとっては良くない影響が大きいとされていますし、カフェインは脳の興奮剤ともいわれている成分です。

寝酒は寝つきを良くしそうな感じもするのですが、眠りを浅くさせてしまい熟睡できず、結果的には質の良い睡眠がとりにくくなってしまう悪習慣。

絶対に避けて欲しいもののひとつです。

最初に書いたように、睡眠サプリはあくまでサプリメント・健康食品で、医薬品ではありません。

手軽に始めることができる分、寝る前の習慣は意識して「よく眠れる人の習慣」に寄せていく必要があります。

どんなに睡眠サプリを飲んでいても、不眠に陥りがちな悪習慣を続けていては、サプリメントのパワーを活かしきれません。

ぜひこの記事を参考に、睡眠サプリを飲むタイミングとともに就寝前の習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

投稿日:

Copyright© 睡眠サプリランキング.info , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.